★ HEAVENS GATE(ヘヴンズ・ゲート)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|メタル魂とオルタナマインドが交差する異色のジャーマンメロディクメタル!!…必聴アルバムは?

HEAVENS_GATE_Logo ◆ H, I, J, K, L

野心的な異端児かブームが生んだ徒花か!?ジャーマンメロディックパーワーメタル期待の新鋭からファンキーなオルタナメタルへと変貌を遂げムーヴメント末期を駆け抜ける!!

HEAVENS GATE(ヘヴンズ・ゲート)は、1990年前後に日本で人気を博したドイツのヘヴィメタルバンド。

ジャーマンメタルバブルの申し子!?

HEAVENS GATEは、80年代後半ジャーマン・パワーメタル(メロディック・パワーメタル)を中心としたジャーマンメタルムーヴメントの最中、続々と登場し第二世代バンドのひとつ。ムーヴメントの中ではかなり後発のグループに属していますが、ジャーマンヘヴィメタル/パワーメタルの王道を行くメロディックなサウンドで注目を集めます。

特にジャーマンメタルバブルと呼んでもいいほどの活性化で沸いていた日本では、パイオニア勢に続く後発組の中ではHELLOWEENやRAGEに続く期待の次世代バンドとして、BLIND GUARDIANらとともにファンの期待と人気を一身に集めていました。

短すぎた黄金時代!?

一時期は、それらのビッグネームと肩を並べるほどの存在となっていましたが、ファンクテイストも取り入れたアメリカンなスタイルへの音楽性の変化が不評だったことや、ジャーマンメタルブーム自体がすでに収束をを迎えつつあったことも重なって、実力の衰えはなくキャリアのピーはこれからという時期だったにもかかわらず急速に勢いを失ってゆきます。

また、当時の多くのジャーマンメタルラベルのバンドと同様、日本でのブームに合わせて急ごしらえて売り出した“ビッグ・イン・ジャパン”だったため、来日公演でライヴ経験が伴わないことが露呈してマスコミの批判を浴びたことも、人気の低迷と凋落の速さに影響を及ぼしています。

解散後の活動・再結成は?

HEAVENS GATEは1999年まで活動を続けますが、初期の勢いと人気は取り戻せないまま5枚のアルバムを残して解散となります。
解散後、サッシャ・ペイス(Gt.)とロバート・フーネケ=リッツォ(Ba.)は、イタリアのRHAPSODY OF FIRE(元RHAPSODY)やそのメンバールカ・トゥリリのソロプロジェクト、アメリカのKAMELOT、同郷のAVANTASIAなどに参加。ペイスは現在もAVANTASIAに在籍中です。

オールドスクールバンドの再結成ブームが続いた時期もありましたが、HEAVENS GATEとしての再結成/リユニオンは実現していません。

HEAVENS GATE|DISCOGRAPHY

In Control|イン・コントロール

HEAVENS_GATE_In_Control

オリジナルアルバム – 1作目 (1989年)

パワーメタル水準のアグレッションを持ちながらも、曲調自体はHELLOWEEN型のジャーマンパワーよりもオーソドックスな初期ヘヴィメタルに近い作風です。といっても、古典的なUKスタイルやNWOBHMそのものではなく、それらを基にしてローカライズあれた80年最初期のUSヘヴィメタル/パワーメタルに、さらにジャーマンチューニングを施したような印象。

収録曲については、パワフル&スピーディーなT-06をのぞくと、大半がせいぜいが及第点に届くか届かないかというレベルであり、特にアルバムの半数近をも占めるミッドチューンは軒並み魅力の薄い凡曲ぞろい。頭数合わせ以上の役割を果たしておらず、アルバムの大きな弱点として足を引っ張っています。

後発バンドのデビュー作としては、シーンの中で存在感をアピールできるだけの独自性は見られず、勢いやインパクトにおいても純粋なクオリティにおいても、残念ながら特筆できるレベルにはありません。

パワメタ度:★★★☆☆|オースク度:★★★★★|アメリカ度:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 お布施

Livin’ in Hysteria|リヴィン・イン・ヒステリア

HEAVENS_GATE_Livin_in_Hysteria

オリジナルアルバム – 2作目 (1991年)

日本で本格的にブレイクすることになったアルバムで、実質的な代表作とされています。
前作をブラッシュアップしたようなサウンドは、スタンダードなジャーマンパワーメタルとは言いかねるものの、若干そのテイストは強めています。

その一方で、アメリカンなメタルテイストが一聴しただけでも明確に感じられるようになっており、グラム系ポップメタル的なエッセンスを持つ曲も見られるなど、楽曲のバリエーションは思いのほか多彩です。

前作の弱点だったミッドチューンの出来栄えはいくらか向上していますが、それで看板を張れるほどではないので、数は抑えてあくまでもアクセント程度にとどめたのは好判断。安定の目玉商品であるファストチューンが主体に仕上げてあり、結果的にアルバムとしてのクオリティは大きく向上しています。

パワメタ度:★★★★☆|オースク度:★★★☆☆|アメリカ度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

Hell for Sale!|ヘル・フォー・セール!

HEAVENS_GATE_Hell_for_Sale!

オリジナルアルバム – 3作目 (1992年)

メタラーの反感を煽るような変化球を織り交ぜてきたアルバムで、来日公演の不評ぶりと相まって一気に支持率を下げることになりました。
アメリカンテイストを交えつつも定番のパワー/スピードメタルチューンはしっかり押さえてあるのは前作同様ですが、曲によってはファンクやジャズのテイストを感じさせ、ホーンセクションを導入した曲や、QUEENを想起させるポップチューンなども見られます。

フレージングやリフワークに的には、ややテクニカルでツイストの効いた個性が見られるようになっており、作風としては同時期のHELLOWEENに通じるものがあります。また、いかにもエピック的なジャケットに反して、現実の的社会的なテーマも取り上げるようになりました。ラストのT-12は英国のコメディ集団モンティ・パイソンのエリック・アイドルのカバーで、映画『ライフ・オブ・ブライアン』のテーマ曲。

作風の変化に加えパワーメタルのキラーチューンを欠くという弱点もあり、メタラー界隈での低評価はやむを得ないところですが、アルバム単位でのアベレージは高いレベルを維持しており、前作に引けを取らない充実ぶりです。

パワメタ度:★★★☆☆|オースク度:★★★☆☆|アメリカ度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 賛否両論 通好み 実験作

Planet E.|プラネット・イー

HEAVENS_GATE_Planet_E

オリジナルアルバム – 4作目 (1996年)

ファンクテイストに加え、エクストリームメタル風のアプローチも見られるなど、前作同様に多様性を持ったメタルアルバムです。ストレートなパワーメタルナンバーも独自のツイストがひと味加えられており、アルバムとしてのクオリティ/アベレージは過去最高と言ってもいいでしょう。

ジャーマンメタルムーヴメントが収束した時期ということもあり、それほど話題になることはありませんでしたが、類型的なパワメタかと思って期待せずに聴くと意外にもユニークな仕上がりがサプライズ。ナカナカの掘り出し物に思える隠れた良作といえます。

パワメタ度:★★★★☆|オースク度:★★★☆☆|アメリカ度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 通好み

Menergy|メネージィ

HEAVENS_GATE_Menergy

オリジナルアルバム – 5作目 (1999年)

インターネットとサイバーテクノロジーが一応のアルバムトータルテーマとなっており、各曲の間に短いSE/インストを挟んだ構成のコンセプチュアルなアルバム。

楽曲の方向性に多いな変化はなく、クオリティも水準以上の良作ではありますが、アルバム通して聴くとSEが邪魔くさく感じられてしまうなどマイナス面が強くやや印象を落としています。

このあたりは、曲の頭に長いSEが挿入されるRIOTの隠れた名盤、“The Privilege of Power(7th)”にも通じるものですが、本作はSE自体が独立したトラックとなっているため、スキップできる分だけいくらか聴きやすいでしょう。

パワメタ度:★★★☆☆|オースク度:★★★☆☆|アメリカ度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作
Translate »